スタンバイの求人掲載料金・費用の相場とは?応募を増やすポイントも解説!

スタンバイを活用して求人掲載をしたいけれど、媒体の特徴や掲載条件についてわからず、どこから始めれけば良いのかわからない方は多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、スタンバイの媒体の特徴や掲載料金、また応募数を増やすポイントについて詳しく解説します。

 

本記事をお読みいただくことで、スタンバイについての理解を深め、自社の採用活動を円滑に進められるようになりますので是非とも最後までお読みください。

 

スタンバイとは?

参照元: https://jp.stanby.com

 

スタンバイとは、日本国内で広く利用されている求人情報サービスの一つです。このサービスは、求職者と企業の双方にとって使いやすいプラットフォームを提供し、多くのユーザーに支持されています。

 

スタンバイの最大の特徴は、常時1,000万件を超える求人掲載数を誇り、幅広い業種・職種の求人情報を網羅している点です。また、Yahoo! Japanと連携しているため、Yahoo! Japanのユーザーにもリーチすることが可能です。

 

スタンバイの特徴や強み

スタンバイの特徴や強みは、その利便性と効率性にあります。

 

まず、常時1,000万件を超える求人掲載数は、求職者にとって多様な選択肢を提供し、企業にとっては多くの候補者にアクセスする機会を与えます。

 

Yahoo! Japanとの連携により、Yahoo! Japanユーザーにもリーチ可能であり、これによってさらに広範な層の求職者にアプローチすることができるのです。

 

また、掲載費無料のクリック課金型は、特に予算に限りがある中小企業やスタートアップにとって大きなメリットです。

 

広告費用を抑えつつ、応募があった際にのみ費用が発生するため、無駄な出費を抑えることが可能です。さらに、自社採用サイトとの連携機能を利用することで、企業独自のブランドイメージを前面に出した採用活動が行えるため、企業の魅力をより効果的に伝えることができるでしょう。

 

1: 常時1,000万件を超える求人掲載数

スタンバイは、常時1,000万件を超える求人掲載数を誇る大規模な求人プラットフォームです。

 

これは、求職者にとっては自分に合った様々な職種や業界の求人を見つけることができるということを意味します。

 

一方で、企業側にとっては、その広大な掲載数により、多くの潜在的な応募者に対して自社の求人を露出させることが可能になります。

 

このように、スタンバイは求職者と企業双方にメリットを提供することで、採用市場におけるマッチングの効率化を図っています。

 

2: Yahoo! Japanユーザーにリーチ可能

さらにスタンバイの大きな強みとして、Yahoo! Japanユーザーにリーチ可能である点が挙げられます。

 

Yahoo! Japanは国内で非常に高い利用者数を誇り、そのプラットフォームを通じてスタンバイの求人情報が配信されるため、企業は幅広い層のユーザーに対して効果的にアプローチすることができます。

 

この連携により、Yahoo! Japanを日常的に利用しているユーザーが、求人情報を自然な形で目にする機会が増えるわけです。これは、特にブランド認知度の向上や、特定のターゲット層への露出を狙っている企業にとって、非常に価値のある機能と言えるでしょう。

 

3: 掲載費無料のクリック課金型

スタンバイのもう一つの特徴は、掲載費無料のクリック課金型であることです。

 

これは、求人広告がクリックされるたびに費用が発生するシステムで、広告を見るだけでなく、実際に興味を持った求職者が求人詳細を閲覧した場合のみ費用がかかるというものです。

 

つまり、企業は広告を掲載する際に初期費用を支払う必要がなく、実際に効果があった場合のみ費用を負担することになります。

 

このクリック課金型のメリットは、広告のパフォーマンスを直接的に費用に反映させることができる点にあります。企業は広告のクリック数や応募数などのデータをもとに、掲載している求人広告の効果を測定しやすくなります。

 

また、無駄な広告費用を削減できるため、特に予算に限りがある中小企業やスタートアップ企業にとっては、コストパフォーマンスの高い選択肢となるでしょう。

 

4: 自社採用サイトとの連携が可能

 

スタンバイの魅力の一つに、自社採用サイトとの連携が可能である点が挙げられます。これは、スタンバイ上で掲載した求人情報を自社の採用サイトにも同時に掲載できる機能を指します。

 

このシステムを利用することで、求人情報の一元管理が可能となり、更新作業の手間を大幅に削減できます。

 

また、自社採用サイトへの誘導がスムーズに行われるため、企業は自社のブランドをより強く印象付けることができます。求職者はスタンバイを通じて企業の採用サイトにアクセスし、企業の文化や働く環境をより深く理解することができるのです。これにより、企業と求職者のミスマッチを減らし、より適切な人材を確保することが期待できます。

 

スタンバイ会員の特徴

 

 

スタンバイ会員の特徴としては、幅広い年代層にアプローチ可能な点が挙げられます。スタンバイは、若年層からシニア層まで、多様な求職者に利用されているため、企業は様々な年代の人材を獲得するチャンスを持っています。また、全国各地の求職者にリーチすることができるため、地域に限定されずに幅広い範囲での求人展開が可能です。

 

これにより、企業は自社の求人を全国規模でアピールし、地方での採用活動を強化したい場合にも効果的に活用することができます。さらに、スタンバイは様々な職種や業界に対応しており、特定の業界に特化した求人掲載も可能です。これにより、企業は自社のニーズに合った人材をより効率的に探すことができるでしょう。

 

スタンバイの会員は、求人情報を積極的に検索し、新しいキャリアの可能性を探求している意欲的な層が多いとされています。そのため、企業は積極的に求人情報を更新し、魅力的な求人を提供することで、より多くの応募を期待することができます。

 

幅広い年代にアプローチ可能

幅広い年代にアプローチ可能な点は、スタンバイを利用する大きなメリットの一つです。スタンバイのユーザー層は、10代の若者から60代以上のシニア層までと非常に多岐にわたります。これは、企業が求める様々な年代の人材を獲得する絶好の機会を意味しています。

 

特に、若年層は新しい技術やトレンドに敏感で、新鮮なアイデアをもたらすことが期待されます。一方で、中高年層は豊富な経験と専門知識を持ち、即戦力として活躍することができます。スタンバイを通じてこれらの多様な年代層にアクセスすることで、企業は自社の求人に対して幅広い応募者を集めることが可能になります。

 

また、年代を問わず、スタンバイのユーザーは積極的にキャリアアップを目指しており、新しい職場でのチャレンジを求めています。そのため、企業はスタンバイを利用して、意欲的で多様なバックグラウンドを持つ人材を見つけ出し、採用につなげることができるのです。

全国で求人展開が可能

全国で求人展開が可能なのも、スタンバイの大きな魅力の一つです。インターネットを通じた求人掲載であるため、地域を問わず幅広い範囲での求人活動が行えます。これにより、特定の地域に限定されず、全国どこからでも応募が可能な人材を獲得することができるのです。

 

例えば、地方に本社を構える企業でも、都市部の人材にアピールすることが可能になりますし、逆に都市部の企業が地方の人材を採用する際にも有効です。また、リモートワークやテレワークが可能な職種であれば、居住地に関係なく全国各地からの応募を期待できます。

 

スタンバイは、その利便性とリーチの広さから、多くの企業にとって必要不可欠な採用ツールとなっています。地方での人材不足が課題となっている企業や、特定の地域に特化した人材を求めている企業にとっても、スタンバイは効果的な解決策を提供してくれるでしょう。全国規模での採用活動を考えている企業にとって、スタンバイは欠かせない存在です。

 

スタンバイは有料・無料の2種類の掲載方法がある

 

 

スタンバイは有料・無料の2種類の掲載方法があるため、企業のニーズや予算に応じて最適なプランを選択することができます。無料プランでは、掲載料金を支払うことなく求人情報を掲載することが可能ですが、一定の制限があります。例えば、掲載期間が短かったり、掲載できる求人数に制限があったりすることが考えられます。

 

一方で、有料プランではより多くの機能やサービスを利用することができ、求人掲載の露出を高めることが可能です。例えば、トップページに求人を表示させたり、検索結果で上位に表示されるようにしたりすることで、応募者の目に留まりやすくなります。また、有料プランには、応募があった際にのみ料金が発生する成果報酬型や、一定期間内の掲載を保証する定額制など、様々なオプションが用意されています。

 

企業がスタンバイを利用する際には、採用予算や求める応募数、掲載する求人の特性を考慮し、最も効果的な掲載方法を選ぶことが重要です。無料プランから始めて、必要に応じて有料オプションを追加するという方法もありますし、初めから有料プランを選択して掲載の効果を最大化するという選択も可能です。それぞれの企業が抱える課題や目的に合わせて、スタンバイの柔軟な掲載プランを活用していくことが求められます。

 

スタンバイの掲載料金

スタンバイの掲載料金は、企業のニーズに合わせて柔軟に選択することができます。

 

無料掲載プランでは、コストをかけずに求人掲載を行うことが可能ですが、機能やサービスには限りがあります。これに対して、運用型の有料プランでは、掲載期間の延長や求人の露出度を高める様々な機能を利用することができます。

 

ここでは、それぞれの特徴について解説します。

 

料金体系1: 運用型

 

運用型のプランは、スタンバイの掲載料金の中でも特に柔軟性が高いと言えます。このプランでは、専門のアカウントマネージャーが求人広告の運用をサポートし、企業の採用目標に合わせた最適な広告戦略を提案してくれます。

 

運用型プランを利用することで、掲載期間中の応募数の増減に応じた広告の調整が可能となり、より効果的な求人掲載が実現します。

 

このプランのメリットは、広告の運用を専門家に任せられる点です。アカウントマネージャーは、求人広告のパフォーマンスを定期的に分析し、ターゲットとする応募者層に合わせたキーワードの選定や広告文の最適化を行います。これにより、企業側は採用活動における専門知識がなくても、効率的に応募者を獲得することが可能になります。

 

また、運用型プランでは、掲載料金が固定ではなく、運用の成果に応じて変動するため、予算に応じた柔軟な広告運用が可能です。企業が掲載料金について明確な予算を設定している場合でも、その範囲内で最大限の効果を追求することができるでしょう。

 

ただし、運用型プランを最大限に活用するためには、企業側とアカウントマネージャーとの密なコミュニケーションが不可欠です。採用目標や求める人材像、予算などの情報を正確に伝えることで、より効果的な求人広告の運用が期待できます。運用型プランを選択する際は、このようなコミュニケーションの取り組みも重要なポイントとなります。

 

料金体系2: 無料枠掲載

スタンバイには、無料枠掲載のプランも用意されています。

 

無料掲載枠のメリットは、コスト面でのリスクがないことです。掲載料金を支払う前に、スタンバイの機能や効果を直接確認することができるため、予算を心配することなく採用活動の開始が可能です。

 

また、無料期間中にスタンバイの使い勝手や応募者の質、応募数などをチェックし、自社にとって最適な求人掲載方法を見極めることができます。

 

ただし、無料掲載枠の場合には、スタンバイの求人一覧で上位表示させるための知識も必要となるため、スタンバイの求人一覧で上位表示される求人リスティングを分析することが不可欠となります。

 

無料掲載枠は、特に予算が限られているスタートアップ企業や中小企業にとって、採用活動を始めるための絶好の機会を提供します。

 

スタンバイで応募数を増やすためのポイント

 

スタンバイで応募数を増やすためには、下記のポイントを押さえることが重要です。

  • 求人タイトルは簡潔に書く
  • 業務内容を具体的に書く
  • 定期的に更新する

 

ここでは、スタンバイで応募数を増やすためのポイントについて詳しく解説していきます。

 

その1: 求人タイトルは簡潔に書く

 

求人タイトルは簡潔に書くことが、スタンバイでの応募数を増やすための重要なポイントです。

 

タイトルは応募者の注意を引き、関心を持ってもらうための「顔」とも言える部分。そのため、長すぎず、かつ必要な情報を含んだタイトルを心がけることが大切です。

 

良い求人タイトルは、応募者が求めるキーワードを押さえつつ、その仕事の魅力を簡潔に伝えるもの。例えば、「週末のみOK!未経験歓迎のカフェスタッフ募集」といったタイトルは、勤務条件や対象者を明確にしつつ、求人の特徴を端的に表しています。

 

また、タイトルには応募者が検索しそうなキーワードを含めることで、検索結果に表示されやすくなります。しかし、無関係なキーワードを詰め込む「キーワードスタッフィング」は避け、求人内容と直接関連するキーワードを選ぶことが重要です。

 

その2: 業務内容を具体的に書く

 

業務内容を具体的に書くことは、スタンバイでの求人掲載において、応募者が求人に対する理解を深め、興味を持つために非常に重要です。

 

具体的な業務内容を記載することで、応募者は自分がどのような仕事をするのか、どんなスキルや経験が求められるのかを明確に把握することができます。

 

たとえば、「接客業務」とだけ記載するのではなく、「お客様のご案内、オーダー取り、料理の提供、レジ操作、店内清掃などを行うカフェスタッフ」と具体的に記述することで、仕事内容がより明確になります。

 

これにより、応募者は自分ができること、学びたいこと、やりがいを感じることが仕事に含まれているかを判断しやすくなります。

 

その3: 定期的に更新する

 

定期的に更新することも、スタンバイでの求人掲載において重要なポイントです。

 

求人情報は新鮮であるほど、応募者の目に留まりやすくなります。古い情報や長期間更新されていない求人は、応募者にとって魅力を感じにくいものです。   また、スタンバイの検索アルゴリズムは新しい情報を優先して表示する傾向にあるため、定期的な更新は求人の露出を高める効果も期待できます。

 

更新する際には、単に日付を変更するだけでなく、業務内容の見直しや給与条件の改定、新たな募集ポジションの追加など、応募者にとって有益な情報を加えることが大切です。これにより、応募者は常に最新の情報を得られるだけでなく、企業が積極的に採用活動を行っているという印象を持つことができます。

 

まとめ

本記事では、スタンバイの特徴や掲載料金、応募数を増やすためのポイントについて解説しました。

 

スタンバイは、常時1,000万件を超える求人掲載数を誇り、Yahoo! Japanユーザーにもリーチ可能な点が強みです。また、掲載費無料のクリック課金型や自社採用サイトとの連携が可能など、企業のニーズに合わせた柔軟な掲載方法を提供しています。

 

スタンバイを最大限に活用するためには、自社の採用ニーズに合った掲載プランを選択し、効果的な求人情報を提供することが求められます。本記事が、スタンバイを通じた採用活動の一助となれば幸いです。