indeed(インディード)の代理店の選び方とは?メリット・デメリットを徹底解説!

自社の採用でIndeed(インディード)広告運用を行いたいけれど、ノウハウやリソースがないことから外注を検討している企業様は多いのではないでしょうか。

 

 

そこで本記事では、Indeed(インディード)代理店のメリット・デメリット、また選び方のポイントについて徹底解説していきます。

 

 

本記事をお読みいただくことで、Indeed(インディード)代理店についての理解を深め、自社に最適な代理店を見つけることができるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

Indeed(インディード)運用代行サービスはこちら

 

Indeed(インディード)は直販と代理店の2パターンで運用代行が可能

Indeedは、求人広告の掲載から応募者管理まで、採用活動の効率化を支援するプラットフォームです。

 

多くの企業がIndeedを利用していますが、その運用方法には大きく分けて2つのパターンがあります。ここでは、それぞれの販売形態についてご説明します。

 

Indeed(インディード)は直販

 

Indeed(インディード)を利用する際、直販の選択肢があります。直販とは、Indeedの公式サイトを通じて、自社で直接求人広告を出稿し、運用する方法です。

 

この方法の最大の特徴は、採用に関するすべてのプロセスを内製化できる点にあります。つまり、広告の設定から応募者の管理、採用プロセスの最適化まで、自社の手で一貫して行うことができるのです。

 

直販のメリットとしては、第一にコスト削減が挙げられます。代理店を通さないため、中間マージンが発生せず、広告費用を抑えることが可能です。

 

また、自社で運用することで、求人広告の細かな調整や応募者への迅速な対応が行えるため、採用の質の向上にも繋がります。

 

しかし、直販での運用には専門的な知識が必要であり、Indeedのシステムを理解し、適切なキーワード選定やターゲティングを行うためには、一定の時間と労力が要求されます。

 

特に、採用活動に慣れていない企業や、人事部門のリソースが限られている場合には、直販による運用が難しい場合もあります。

 

Indeed(インディード)は代理店

 

Indeed(インディード)の代理店を利用するという選択肢もあります。代理店とは、Indeedの広告運用を専門的な知識を持つ第三者が代行してくれるサービスのことです。

 

代理店を利用することで、採用に関する専門的な作業を外部に委託し、自社のリソースを他の業務に集中させることが可能になります。

 

代理店を利用するメリットとしては、まず専門知識を持つプロフェッショナルによる運用が挙げられます。Indeedのシステムに精通している代理店であれば、効果的なキーワード選定やターゲティング、広告の最適化などを行い、採用成果の向上を期待できます。

 

また、代理店には求人広告の運用だけでなく、採用プロセス全体をサポートするサービスを提供しているところもあります。

 

一方で、代理店を利用する際のデメリットとしては、サービス利用に伴うコストが発生する点があります。直販に比べて中間マージンがかかるため、広告費用が高くなる可能性があります。また、自社で運用する場合に比べて、広告の細かなコントロールが効きにくいという点も考慮する必要があります。

 

Indeed(インディード)の代理店の種類

Indeed(インディード)の代理店には、大きく分けて次の2つのタイプが存在します。

 

  • 求人広告を得意とする会社
  • ネット広告マーケティングを得意とする会社

 

ここでは、Indeedの各代理店の種類について解説していきます。

 

その1: 求人広告を得意とする会社

 

Indeed(インディード)の代理店の中でも、特に求人広告を得意とする会社は、採用市場における深い知見と経験を持っています。

 

これらの会社は、求人広告の作成から配信、応募者管理まで、採用に関わる一連のプロセスをサポートしてくれるのが特徴です。

 

また、業界や職種に特化した知識を持つことで、ターゲットとなる求職者に対して最適なアプローチを行うことができます。

 

求人広告を得意とする代理店は、採用におけるブランディングから応募者とのコミュニケーション、選考プロセスの最適化に至るまで、幅広いニーズに応えることが可能です。

 

特に、採用においては企業の文化や価値観を伝えることが重要となりますが、これらの代理店は企業の魅力を最大限に引き出すための求人広告の設計を得意としています。

 

その2: ネット広告マーケティングを得意とする会社

 

ネット広告マーケティングを得意とする会社は、Indeed(インディード)の代理店の中でも、特にデジタルマーケティングの観点から求人広告の運用を最適化することに長けています。

 

これらの会社は、検索エンジンマーケティング(SEM)やソーシャルメディア広告など、インターネットを利用した広告戦略に精通しており、多様なデジタルチャネルを駆使して求職者にアプローチします。

 

データ分析能力に優れているため、広告のパフォーマンスをリアルタイムで測定し、効果が低い広告は素早く修正するなど、柔軟かつ迅速な運用が可能です。また、ターゲットとなる求職者のオンライン行動を分析し、最適なタイミングで広告を表示させることで、応募率の向上を図ることができます。

 

Indeed(インディード)代理店の運用代行のメリット・デメリット

Indeed(インディード)代理店を利用する上でメリット・デメリットを理解することは非常に重要です。

 

ここでは、メリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

 

Indeed(インディード)代理店のメリット

 

まず、メリットの一つとして挙げられるのは、専門知識を持ったプロフェッショナルによる運用が可能になることです。

 

Indeed(インディード)代理店は、求人広告の運用に関する豊富な経験と専門性を持っており、広告の設定から運用、効果測定までを一手に担います。そのため、自社で運用する場合に比べて、より効果的な広告戦略を立てることができます。

 

また、代理店を利用することで、広告運用にかかる時間と労力を削減することができます。特に人事部門のリソースが限られている場合、代理店に運用を委託することで、採用担当者は他の業務に集中することが可能になります。

 

Indeed(インディード)代理店のデメリット

 

Indeed(インディード)代理店を利用する際には、デメリットも存在します。

 

まず、代理店に運用を委託することで発生するコストが挙げられます。運用代行には手数料がかかるため、自社で運用する場合と比較して、トータルの広告費用が増加する可能性があります。

 

特に予算が限られている中小企業にとっては、この追加コストが負担となることも考えられます。

 

次に、代理店によっては最低利用期間が設定されていることがあります。これにより、短期間での契約解除が難しい場合があるため、契約前には期間についてしっかりと確認することが重要です。また、長期契約を結んだ後で成果が出なかった場合には、契約を見直すことが難しくなる可能性もあります。

 

Indeed(インディード)代理店は認定パートナーがおすすめ

 

Indeed(インディード)代理店を選ぶ際には、認定パートナーを選ぶことをおすすめします。

 

Indeed認定パートナーを選ぶことで、信頼性の高い運用代行サービスを受けることができ、採用成果の向上に大きく貢献します。

 

ここでは、Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際の具体的なポイントについて解説していきます。

 

Indeed認定パートナーとは?

 

Indeed認定パートナーとは、Indeedが採用広告の運用品質や顧客サービスの水準を満たしていると認めた代理店に与えられる称号です。

 

この認定を受けた代理店は、Indeedと密接に連携しながら、求人広告の最適化や効果的な採用戦略の提案を行うことができます。

 

認定パートナーになるためには、Indeedが設けた厳しい基準をクリアする必要があり、これには広告運用の実績や専門性、顧客からの評価などが含まれます。

 

そのため、認定パートナーであれば、高い専門知識と経験を持つプロフェッショナルからサービスを受けることができるという安心感があります。

 

Indeed認定パートナーの種類

Indeed認定パートナーには、次の3つのレベルが存在します。

 

  • Platinumパートナー
  • Goldパートナー
  • Silverパートナー

 

ここでは、Indeedの代理店の特徴や選ぶ際のポイントについて解説していきます。

 

Platinumパートナー

 

PlatinumパートナーはIndeed認定パートナーの中でも最上位に位置づけられる代理店です。

 

この称号を持つ代理店は、Indeed広告運用に関する深い専門知識と豊富な経験を有しており、クライアントの採用戦略を最大限にサポートすることができます。

 

Indeedとの緊密な連携により、Platinumパートナーは最新の機能や市場動向をいち早くキャッチし、それを広告戦略に活かすことが可能です。

 

また、高度な分析能力を持ち、データに基づいた最適な広告配信を実現することで、採用の成功率を高めることが期待されます。

 

Goldパートナー

 

GoldパートナーはIndeed認定パートナーの中で、Platinumパートナーに次ぐ地位を有する代理店です。

 

これらの代理店は、Indeed広告の運用において高い専門性と実績を持ち合わせており、クライアントの求人ニーズに応じた質の高いサービスを提供することができます。

 

Indeedとの連携を通じて、Goldパートナーは最新の広告機能やトレンド情報を得ることができ、それをもとに効率的な広告運用を行うことが可能です。

 

また、運用の効果を定期的に分析し、クライアントの求人戦略に合わせた最適化を図ることができるため、採用成果の向上に貢献します。

 

Goldパートナーを選ぶことのメリットとしては、Platinumパートナーに比べて手が届きやすい価格設定でありながら、高品質なサービスを受けられる点が挙げられます。

 

特に中小企業やスタートアップ企業など、コストパフォーマンスを重視する企業にとっては、Goldパートナーは魅力的な選択肢となるでしょう。

 

Silverパートナー

 

SilverパートナーはIndeed認定パートナーの中でも、特にコストパフォーマンスに優れたサービスを提供する代理店として位置づけられています。

 

これらの代理店は、Indeed広告の基本的な運用をサポートし、小規模ながらも効果的な採用活動を実現するための支援を行います。

 

Silverパートナーは、Indeedとの連携により、広告運用の基本的な知識やツールを活用して、クライアントの求人広告を適切に管理します。また、広告のパフォーマンスを追跡し、継続的な改善を図ることで、採用の成功に貢献することが期待されます。

 

特に小規模企業や初めてIndeed広告を利用する企業にとって、Silverパートナーは手軽に広告運用を始めるための入門編として最適です。運用に関する基本的なサポートを受けながら、採用活動の効率化を図ることができます。

 

Indeed(インディード)の代理店の選び方のポイント

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

 

  • サービス対応範囲
  • 運用実績の有無
  • 運用手数料
  • Indeed広告以外のサービスライン

 

ここでは、Indeedの代理店を選ぶポイントについて解説します。

 

その1: サービス対応範囲

 

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際に最も重要なポイントの一つが、サービス対応範囲です。

 

代理店によって提供されるサービスは大きく異なり、自社のニーズに合わせて適切な代理店を選ぶことが成功の鍵を握ります。

 

サービス対応範囲とは、代理店が提供するIndeed広告に関連するサービスの範囲のことを指します。例えば、広告の作成支援、運用管理、効果測定、改善提案などが含まれます。中には、採用ブランディングやキャリアページの制作支援を行う代理店もあります。

 

自社でIndeed広告の運用を行うリソースが限られている場合、広告の作成から運用、分析までを一貫してサポートしてくれる代理店を選ぶと良いでしょう。一方で、内部で運用ノウハウを持っている場合は、特定の部分だけを外注することでコストを抑えることも可能です。

 

その2: 運用実績の有無

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際、サービス対応範囲と同じくらい重要なのが、その代理店の運用実績の有無です。

 

運用実績が豊富な代理店は、多様な業界や職種に対する広告運用の経験を持っており、その知見を活かして自社の採用活動を成功に導くことが期待できます。

 

運用実績を確認する際には、単に運用している期間の長さだけでなく、実際にどのような成果を出してきたのか、具体的な事例を聞くことが大切です。成功事例が多ければ多いほど、代理店が持つノウハウや戦略の蓋然性が担保されます。

 

また、運用実績がある代理店は、Indeed広告の最新のトレンドやアルゴリズムの変更にも柔軟に対応している可能性が高いです。これにより、常に最適な広告運用が行えるため、採用効率の向上が期待できます。

 

その3: 運用手数料

 

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際には、運用手数料も重要な選定基準の一つです。

 

運用手数料は、代理店が広告運用の代行に対して請求するコストであり、この手数料の設定には代理店ごとに大きな差があります。

 

手数料の形態は一律固定料金のものから、広告予算に応じたパーセンテージで計算されるもの、成功報酬型など多岐にわたります。

 

固定料金制の場合、広告予算に関わらず一定のサービスを受けることができるため、予算管理がしやすいというメリットがあります。一方で、広告予算が増えた場合でも手数料が変わらないため、コストパフォーマンスが下がる可能性も考慮する必要があります。

 

パーセンテージ制の場合は、広告予算に応じて手数料が増減するため、予算の変動に柔軟に対応できるという利点があります。しかし、広告予算が大きくなるほど手数料も高額になるため、予算の規模に応じてコストを見直すことが重要です。

 

その4: Indeed広告以外のサービスライン

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際には、Indeed広告以外のサービスラインにも注目することが重要です。

 

多くの代理店では、Indeed広告の運用代行だけでなく、他の求人媒体やデジタルマーケティングのサービスも提供しています。これらのサービスを組み合わせることで、より効果的な採用活動を行うことが可能になります。

 

例えば、求人広告を得意とする代理店であれば、他の求人媒体への広告掲載や、採用サイトの制作・運用支援などを行っていることがあります。

 

また、ネット広告マーケティングを得意とする代理店であれば、SNS広告やGoogle広告など、幅広いオンライン広告の運用代行を提供している場合があります。

 

これらのサービスを利用することで、Indeed広告だけに頼らず、多角的なアプローチでターゲット層にリーチすることができます。また、一つの代理店で複数のサービスを一括して管理できるため、採用活動の効率化や統一されたブランディング戦略を実施しやすくなります。

 

その5: 最低利用期間

 

Indeed(インディード)の代理店を選ぶ際、最低利用期間は重要な契約条件の一つです。

 

代理店によっては、一定期間の契約を求めるところもあり、その期間内は解約や変更が難しい場合があります。そのため、契約前には最低利用期間の有無や条件を確認し、自社の採用計画と照らし合わせて検討することが必要です。

 

最低利用期間が設定されている場合、その期間は通常3ヶ月から1年程度が一般的です。長期契約を結ぶことで、代理店側は安定した収益を見込めるため、より手厚いサポートや割引などの特典を提供することがあります。

 

しかし、逆に言えば、自社の採用ニーズが変化した際に柔軟に対応することが難しくなる可能性もあります。

 

また、最低利用期間が設定されていない場合は、契約を短期間で見直すことができるため、採用状況に応じて迅速に戦略を変更することが可能です。しかし、その分、代理店側のサポートが限定的になることや、コストが高くなる可能性も考慮する必要があります。

 

まとめ

 

本記事を通じて、Indeed(インディード)代理店の特徴や選び方のポイントをご紹介しました。自社の採用戦略や予算、市場環境の変化に柔軟に対応できる代理店を選ぶことで、採用活動の成功に大きく貢献することができるでしょう。

 

最低利用期間の有無をはじめとする契約条件も含め、総合的な視点で代理店を選定することが、最適なパートナーシップを築くための鍵となります。この記事が、Indeed(インディード)の代理店選びにおける一助になることを願っています。

 

Indeed(インディード)運用代行サービスはこちら