BLOG

看護師人材紹介会社のキャリアアドバイザー必見!看護師さんの心を掴む面談方法

2022.03.08

成果を出している看護師キャリアアドバイザーは、面談時にどのようなポイントを気を付けているか、ご参考にしてください。

記事を見る

看護師・介護職・保育士領域における人材紹介の難易度

2021.10.06

弊社は看護師・介護職・保育士領域の人材紹介会社をメイン顧客とした広告代理店となる為、職種ごとの成約難易度を分析する事が多いです。


営業(キャリアアドバイザー)のスキルや求職者との相性によって難易度の概念が変わるのも事実ですが、多くの会社様の集客・事業コンサルをするなかで一般的な回答を出すとすれば、成約難易度の高さは看護、介護、保育の順番です。


要は看護師が一番難易度が高いという事になります。これから人材紹介を始める会社、または職種の追加を検討されている方はご参考にしてください。


看護師


まずは看護師。一般的な集客単価(CPA)は15,000~20,000円、一部の運用型広告では10,000円前後での獲得も可能。


成約単価は70万前後が平均値となります。何が難しいかと言うと、診療科目、施設形態が他の職種と比較して多い為、まずは覚える事が多い。


また、診療科目や施設形態が多いという事は求職者の希望の幅も多岐にわたります。夜勤の有無や手技のスキルも加味する必要があり、マッチング難易度も高いです。


夜勤をこなす方や美容クリニックで勤務の看護師は年収も比較的高額となります。


看護師は少し気の強い方やシングルマザー率が高めとの声もあります。看護師領域で成果を出しているキャリアアドバイザーの特徴を見ると、特に女性は気が強く言いたい事はしっかり言えるタイプ、男性は知識豊富な理論武装型が多いように思います。


介護職


続いて介護職。一般的な集客単価(CPA)は10,000円。但し、介護職希望は無資格者が一定数入るので、有資格者に限定した集客単価は15,000~20,000円になる事も多く、結果的に看護師とあまり変わない事になります。


無資格者でも経験があったりすると紹介会社を使った採用を行う事業所がある為、集客単価は看護師よりもやや安価です。


成約単価は50~60万前後が平均値となります。


基本は介護施設への紹介が大半となり、看護師と比較すると覚える事は少ないです。


一番難しい部分でいくと、介護職希望の方は無資格者の方も含めるとかなり経歴やバックグランドが多岐にわたるので、他の職種から介護職のキャリアアドバイザーをやると戸惑う人が多いのも事実なようです。


某介護の人材紹介会社の社長曰く、介護職で成果を出しているキャリアアドバイザーの特徴は、少し変わった部分がある人・個性的なタイプの人だそう。求職者とタメ語で喋っているのに何故か絶大な信頼を得る人や電話越しの声が妙に色気がある女性キャリアアドバイザーなどなど。


不思議な事に、このような特徴を持つ介護領域で売れっ子だったキャリアアドバイザーが看護師を担当すると、全く売れないという事象も珍しくないとか・・


保育士


最後に保育士。集客単価は一般的な集客単価(CPA)は15,000円前後。自社集客で調子が良ければ10,000円以下で取れる事も珍しくありません。


看護、介護と比較して事業所情報の複雑性が低く、求職者も癖の無い人が多いようでマッチング難易度は低いと言われています。成約単価は70万~、高い会社だと100万前後のケースもあります。園長の成約数と、事業所側と成約パーセンテージを何%で結んでいるかによって大きく異なります。


保育領域は会社様の営業方針によって成約単価に大きく開きがあるイメージです。マッチング難易度も低く、成約単価も高く調整できる可能性がある保育士紹介ですが、一番の参入障壁はキャッシュフローでしょう。


保育士は基本的にクラスを持つため、卒園の3月末に退職をする事が多く、転職希望者の多くが4月入職希望です。人材紹介は入職後に成約金額が入金されるため、成約しても4月以降でないと入金がされない形となり、資本体力が無い会社が参入するには難しい領域と言い換える事もできます。


まとめ


どの職種に参入するにもメリット・デメリットは存在します。


どの職種に注力するかは、資金面とキャリアアドバイザーのキャラクター的な部分での相性などを総合的に判断していく必要があります。


事業責任者や経営者のセンスが問われる部分となるので、難しくもあり面白くもあります。

記事を見る