転職レシピ

転職活動は素材を集めて調理すれば怖くない!
転職レシピ

お問い合わせ 友だち追加 友だち追加
美容業界への転職
公開:2021.09.29 更新:2022.06.25
美容クリニックの看護師に必要なスキルと資格は?准看護師もOK?

近年、全国的なニーズの増加や施術の進歩もあり、病院勤務から美容クリニックへ転職する「美容看護師」が増えています。


美容クリニックは上記の理由のほか、給与や勤務体系の面でもメリットが多く人気ですが、働く場合は准看護師の資格でも大丈夫なのでしょうか?また、どのようなスキルが必要なのかもあわせてチェックしていきましょう。


美容クリニックの求人を知りたい看護師がチェックした方がいいサイト


医療脱毛クリニックをはじめとした、美容皮膚科などの美容クリニックの求人を紹介してくれるオススメエージェントです。


クラッチナース

・看護師エージェント歴5年以上のプロのアドバイザーのみが担当

 

・美容皮膚科・脱毛はもちろん、一般職求人も保有

 

・管理職求人 、その他残業無し求人や未経験求人、高収入求人保有



ナースステップ

・看護師以外の医療業界での転職サポート実績も多数(薬剤師、医師、登録販売者)

 

・美容クリニックで働きたい看護師さんを積極的にサポート中、人気の美容クリニック求人が豊富に取り扱い

 

・東京都、神川県エリアに特化



美容クリニックってどんなところ?


美容クリニックは大きく分けて、


・美容皮膚科 

・美容整形外科 


の2種類があります。


美容皮膚科はシミ、シワ取りのほか医療レーザー脱毛、肌質改善など「美容機器を使用した皮膚治療」がほとんど。


一方で、美容整形外科では二重まぶたの整形手術や豊胸手術など「メスを使用した施術」が多いという特徴があります。 


どちらのクリニックもお客様との「カウンセリング」業務が必須です。どのようなお悩みを抱えているのかをヒアリングして、施術の効果やリスクについてしっかり説明する力が求められます。 


看護師としての業務は、以下の2つがメインです。


手術の介助 


美容整形外科で働く場合は、手術の際にドクターの介助をします。


大がかりなものでなければ、基本的に介助は看護師ひとりの場合が多く、ドクターの先を読みながら臨機応変に動くことが必要。ある程度の手術経験がある人が有利といえます。


また、手術に使用する器具の準備作業だけでなく、お客様のアフターケアも大切なお仕事です。


レーザーの照射、注射治療


メスを使用した外科手術以外の施術は看護師がすることが多く、美容皮膚科ではレーザー照射やプラセンタ注射、美容整形外科ではヒアルロン酸注入やボトックス注射といった、いわゆるプチ整形と呼ばれる注射治療が中心です。


自ら施術を行うという責任はありますが、そのぶん美容分野ならではのスキルを身につけられます。


このように、美容クリニックの仕事は一般病院と大きく異なるので、内容を理解した上で転職を考えましょう。


 

次に美容看護師として働くメリットとデメリットをご紹介します。


美容看護師として働くメリット


・夜勤がない

・20代でも高年収

・残業が少ない

・家庭や子育てと両立できる

・美容に詳しくなる

・割引料金または無料で施術が受けられる

 

やはり一番のメリットは、給与・勤務体系ではないでしょうか。


夜勤がなく日勤のみで、一般病棟と同じかそれ以上の基本給になることもあります。


美容クリニックは基本的に自由診療なので保険適用外。クリニック自体が高い収益を得られるからこそ、看護師の給与にも反映されるのです。


美容看護師として働くデメリット


・病棟勤務に戻りにくい

・固定給+インセンティブ制だと収入に波がある

・看護師として一般的な医療スキルや知識が身につきにくい、将来のキャリアの幅が限定される

・明確な看護観を持っている看護師の場合、業務内容にギャップが生じて早期退職になりやすい

デメリットも美容クリニックならでは。


インセンティブ報酬制のクリニックでは頑張れば収入が上がる分、目標が達成できなければ基本給のみの場合も。努力次第ですが、収入に波があることを理解しておいた方がよいでしょう。


また、一般的な病院で行う治療のための各種医療行為が少なめなので、美容クリニック以外の看護経験にブランクが生まれやすくなる傾向があります。



「こういった医療に携わりたい」といった明確な看護観を持っている看護師も注意が必要。美容クリニックはお客様を接客するという形になるので、業務内容と看護師としての自分の在り方にギャップを感じてしまう場合、早期離職に繋がる可能性があります。



准看護師でも美容クリニックで働ける?


結論としては、准看護師の資格しか持っていない方でも働くことができますし、実際に求人情報にも掲載されています。その点は安心して求人に応募してください。


業務においては、准看護師は看護師と同じように、手術の介助や麻酔・注射などを行いますが、自分で判断して看護業務はできません。ドクターや看護師の指導のもとで各種業務を行います。


未経験でも大丈夫? 美容クリニックで働くには 


前提として医療機関で働くには看護師免許、あるいは准看護師免許が必要です。それさえクリアしていれば働くにあたって美容クリニックの勤務経験が絶対に必要というわけではありません。


もちろん、手術経験がない、美容クリニックの経験がないという場合はスタート時の給与が低くなりますが、未経験でも働くことができる美容クリニックの求人は多く公開されています。 


また、働き方は正社員だけではありません。美容クリニックによってはアルバイトやパートの雇用形態で募集しているところもあるので、子育てや家庭と両立した働き方をしたい方におススメです。 



美容クリニックの看護師に必要なスキルや持っていると有利な資格は?


これまで紹介したように、一般病棟勤務の看護師とは仕事内容が大きく異なります。


では、働く上で必要なスキルや、持っていると有利な資格にはどのようなものがあるのでしょうか? 


注射のスキル


美容クリニックの世界においても、絶対的に必要なのが注射のスキルです。


施術の際の各種注射・点滴や、事前の検査で行う採血など、クリニックによって頻度の差こそありますが一般病棟の看護師と同じような手技があると考えて良いでしょう。


新卒・現場未経験で美容クリニックに就職する看護師もいますが、臨床経験を採用の基準に掲げているクリニックが多いことからも、病院で経験した注射の基本的なスキルがあったほうが優位といえます。


接客スキル


この業界ならではの仕事として、施術前の「カウンセリング」があります。


クラークという美容カウンセラーが受付からカウンセリングまですべて行うところもありますが、基本的には看護師の役割です。


また、クリニックによってはインセンティブがあるのも特徴。そのため営業スキルも必要といえます。ほとんどが自由診療で、高額な料金メニューが多いため、カウンセリングを通して「安心して施術を決めてもらう」ことが大切です。 


また、施術以外にもクリニックで販売している美容コスメやスキンケア製品の営業も大事な役割です。


語学力


語学力があれば、採用面接時のアピールポイントにもなるでしょう。


日本の美容医療技術の高さ、安全性は特にアジア圏では評価されており、東京の美容クリニックを目的に来日するお客様も。


外国人に対しても丁寧な接客・カウンセリングができれば、クリニック自体の評判も上がります。絶対に必要というわけではありませんが、英語や中国語などのスキルを磨くことで転職先の幅も広がるでしょう。


リラクゼーション系の資格


美容クリニックで働いている看護師が取得している割合が多い「エステティシャン」などの資格。


美容クリニックに入社後、病院勤務時に比べて時間に余裕ができたので、スキルアップ目的で取得する看護師が多くいます。


最初から取得する必要はありませんが、もし持っていれば面接の際のアピールポイントとなるでしょう。院内の販売商品を紹介する際の営業トークに役立ちますし、知識をもとにお客様に有益なカウンセリングができるかもしれません。


まとめ


病院勤務から美容クリニックへ転職する場合、経験やスキルがないからとためらう必要はありません。特別な資格を持っていなくても、これまで看護師として働き、学んだことが活かせるはずです。 


美容ナース最大のメリットは、夜勤がないため規則正しい生活を送れること。


仕事終わりにジムに通ったり、趣味を楽しんだりできる余裕が生まれますし、美容に関する知識をさらに深めるため、資格取得を目指す人も多くいます。


自分自身を高めながら働くことができる魅力的なお仕事なので、ぜひチャレンジしてみてください。


また、転職エージェントに登録して求人を探すだけでなく、クリニックに寄せられたお客様の口コミをチェックするのもおススメです。


よい口コミが多いというのはそれだけ信頼できるクリニックということ。


さまざまな美容クリニックを比較して、自分にピッタリな職場を見つけてください。 



この記事を編集した人
person-img
山本 和正(転職レシピ編集長)

株式会社クリティカルブレイン代表取締役:看護師紹介会社の社外取締役も務めており、看護師転職情報のスペシャリスト。


関連記事