Indeed(インディード)の掲載料金とは?無料掲載と有料掲載の違いを解説!

Indeed(インディード)を活用して求人掲載をしたいけれど、無料掲載と有料掲載の違いについてわからず、どこから始めれけば良いのかわからない方は多いのではないでしょうか。

 

本記事では、Indeed(インディード)の掲載料金について、またその料金の仕組みについて詳しく解説していきます。

 

本記事をお読みいただくことで、Indeed(インディード)についての理解を深め、自社の採用活動を円滑に進められるようになりますので是非とも最後までお読みください。

 

 

Indeed(インディード)は有料掲載と無料掲載がある

Indeedには有料掲載と無料掲載があるという点は、求人を出す際に非常に重要な選択肢となります。ここでは、それぞれの掲載方式について詳しく解説していきます。

 

Indeed(インディード)の無料掲載

Indeed(インディード)の無料掲載は、特に予算に限りがある企業や、初めてIndeedを利用する企業にとって魅力的な選択肢です。

 

無料掲載の最大のメリットは、言うまでもなく、掲載料金が発生しないこと。予算を気にせず求人を出すことができるため、採用活動の初期段階で、多くの企業がこのオプションを選びます。

 

また、無料掲載は、Indeedのプラットフォーム上で求職者がアクセス可能な求人情報として登録されるため、求職者が特定のキーワードで検索した際に、自社の求人が一覧に表示される可能性があります。これにより、求職者の目に留まる機会を得ることができるのです。

 

しかし、デメリットも存在します。無料掲載の求人は、有料掲載の求人に比べて検索結果で下位に表示される傾向にあり、その結果、求職者の目に触れる機会が減少します。

 

また、新しい求人情報が継続的に追加されるため、時間が経つにつれてさらに下位に位置するようになり、見つけられる可能性が低下するという問題もあります。

 

Indeed(インディード)の有料掲載

Indeed(インディード)の有料掲載は、無料掲載と比較して多くのメリットを提供します。

 

最も大きな特徴は、求人が検索結果の上位に表示されることで、これにより求人への露出が大幅に増加し、より多くの応募者を惹きつけることが可能になります。

 

また、有料掲載では掲載期間に制限がなく、企業が必要とする期間、求人を掲載し続けることができます。

 

さらに、有料掲載の求人はカスタマイズの自由度が高く、企業のブランドを前面に押し出したり、特定のキャンペーンに合わせたデザインを施すことも可能です。

 

これにより、企業の魅力を最大限にアピールし、ターゲットとする応募者に対して効果的なメッセージを伝えることができます。

 

Indeed(インディード)広告の掲載料金

Indeed(インディード)の有料掲載の料金体系はクリック課金型で、求人広告がクリックされるたびに料金が発生します。これにより、広告の露出度を高め、より多くの応募者を獲得できます。

 

クリック単価は市場の需給によって変動し、業界や職種、地域によって異なります。また、広告主は予算上限を設定でき、無駄な広告費用の発生を防ぐことが可能です。

 

ここでは、Indeed広告におけるクリック課金型の仕組みや調整方法について説明します。

 

クリック課金型

Indeed(インディード)の有料掲載オプションには、「クリック課金型」という料金体系が採用されています。

 

このシステムは、掲載された求人広告が実際にクリックされるたびに料金が発生する仕組みです。つまり、求職者が興味を持って求人広告をクリックした場合のみ、広告主は費用を支払うことになります。

 

この方式の最大の利点は、広告の露出度が高まることによって、より多くの応募者を獲得できる可能性がある点です。

 

しかし、クリック課金型のシステムでは、クリックされるたびに料金が発生するため、予算管理が非常に重要になります。特に、クリック単価が高い業界や職種では、予算の上限を設定しておくことで、広告費用が想定外に高額になるのを防ぐことができます。

 

クリック単価

Indeed(インディード)の有料掲載におけるクリック単価とは、求人広告がクリックされるたびに支払うべき金額のことを指します。

 

この単価は、求人広告の職種や業界、さらには競合他社の広告活動によっても変動するため、一概に定価があるわけではありません。

 

広告主は、Indeedのプラットフォーム上で設定した予算内で、クリック単価を調整することが可能です。

 

クリック単価を適切に設定することは、採用活動の成功に直結します。単価を高く設定すればするほど、求人広告はより目立つ位置に表示される傾向にあり、結果として多くの応募者を惹きつけることができるでしょう。

 

予算の上限設定

Indeed(インディード)の有料掲載においては、予算の上限設定が非常に重要な役割を果たします。

 

予算の上限とは、広告キャンペーンの期間中に使用することができる最大の金額を指し、これによって広告の出稿量をコントロールすることが可能になります。

 

予算を事前に設定しておくことで、予期せぬ広告費の増加を防ぎ、企業の財務計画に沿った採用活動を行うことができます。

 

Indeedでは、日予算または月予算として上限を設定することができ、これによって広告の表示頻度が調整されます。

 

例えば、日予算を設定した場合、その日の予算が使い切れば自動的に広告の掲載が停止され、翌日になると再び掲載が開始されます。このようにして、広告主は予算内で最大限の効果を得ることを目指します。

 

Indeed(インディード)広告のクリック単価

Indeed(インディード)広告のクリック単価は、広告がクリックされるたびに発生する費用です。

 

この単価は、求人広告の競争状況や業界、職種によって変動し、広告主が設定した予算に応じて自動的に調整されます。

 

クリック単価は、広告の表示位置や掲載頻度にも影響を与えるため、採用活動の成果に直結する重要な要素です。

 

Indeed(インディード)のクリック単価について理解を深め、効果的な広告運用を行うことで、採用活動の成功につなげることができます。

 

業界別クリック単価例

Indeed(インディード)の広告におけるクリック単価は、業界によって大きく異なります。

 

例えば、IT業界や医療業界では専門性が高く、求められるスキルセットが特定されているため、クリック単価が高めに設定される傾向にあります。

 

一方で、飲食業界や小売業界など、比較的多くの求職者が存在する分野では、クリック単価が低く抑えられることが一般的です。

 

具体的な数字を見てみると、IT業界のクリック単価は平均で100円以上となることが多く、特にエンジニアやデータサイエンティストなどの高度な技術を要する職種では、さらに高い単価が見込まれます。

 

医療業界では、医師や看護師などの専門職に対する需要が高いため、クリック単価が150円を超えることも珍しくありません。

 

一方、飲食業界や小売業界では、クリック単価が50円から80円程度となることが多いです。これらの業界では、求人への応募が比較的容易であるため、採用コストを抑えやすいというメリットがあります。

 

これらの業界別クリック単価の例を参考にしながら、自社の採用活動における予算計画を立てることが重要です。

 

採用コストの算出方法

採用コストを算出する際には、Indeed(インディード)のクリック単価だけでなく、その他の要素も考慮する必要があります。

 

まず、採用活動全体でどれくらいの予算を割り当てるかを決定します。その後、Indeed(インディード)の広告にどれくらいの予算を配分するかを検討し、クリック単価と予算上限を設定します。

 

採用コストの算出には、以下のようなステップがあります。

 

  1. 採用に必要な職種や人数を明確にする。
  2. 求人広告を出す期間を決定する。
  3. 求人広告にかける総予算を設定する。
  4.  Indeedのクリック単価を業界の平均を参考に決定する。
  5. クリック単価と総予算から、広告クリック数を算出する。
  6. 求人広告のクリック数から、応募者数の見込みを立てる。
  7. 応募者の中から採用される人数の割合(採用率)を予測する。
  8. 採用された人数で割り、1人あたりの採用コストを算出する。

 

この計算により、1人の採用にかかるコストを明確にすることができます。

 

ただし、実際の採用プロセスでは、応募者の質や採用後の定着率など、数値では計り知れない要素も影響します。そのため、算出されたコストはあくまで目安として捉え、採用活動の効果測定や改善に役立てることが重要です。

 

Indeed(インディード)代理店の運用手数料

代理店を通じてIndeedの広告を運用する場合、そのサービスには手数料が発生することが一般的です。

 

代理店の手数料は、提供されるサービスの範囲や契約内容によって異なりますが、一般的には広告予算の一定割合を基準として計算されることが多いです。

 

例えば、広告予算が10万円の場合、手数料率が20%であれば、運用手数料は2万円となります。この手数料には、広告のパフォーマンス分析やレポーティング、アカウントマネージャーによる個別のサポートなどが含まれることがあります。

 

また、代理店によっては固定の月額料金を設定している場合もあり、広告予算に関わらず一定のサービスを受けられるというメリットがあります。しかし、広告予算が少ない場合には、固定料金が高く感じられることもあるため、自社の広告予算や採用ニーズに合わせて最適な代理店を選ぶことが重要です。

Indeed(インディード)の料金を抑えて利用するポイント

 

Indeed(インディード)の料金を抑えて利用するポイントには、いくつかの重要な要素があります。

 

その1: 無料掲載と有料掲載の違いを理解し掲載方法を選択する

 

まず、無料掲載と有料掲載の違いを理解し、自社の採用ニーズに合わせて適切な掲載方法を選択することが基本です。

 

無料掲載はコストをかけずに求人を掲載できるため、予算に限りがある場合や、特定の職種で急募でない場合に適しています。

 

一方、有料掲載は予算に応じて求人の露出度を高めることができ、短期間での採用が必要な場合や特定のスキルを持った人材を求めている場合に有効です。

 

その2: クリック課金型の仕組みを理解し運用する

 

次に、有料掲載を行う際には、クリック課金型の仕組みを理解し、予算の上限設定を適切に行うことが重要です。

 

Indeedでは、クリックされた回数に応じて料金が発生するため、求人広告のターゲティングを最適化し、無駄なクリックを減らすことでコストパフォーマンスを高めることができます。また、業界や職種によってクリック単価が異なるため、市場の動向を把握しながら予算を設定することが求められます。

 

その3: 代理店利用コストを意識した運用を心がける

 

さらに、代理店を利用する場合は、運用手数料を含めた全体のコストを考慮に入れることが大切です。

 

代理店には専門的な知識や経験があり、広告の運用を効率的に行うことができますが、その分のコストも発生します。そのため、自社での運用が可能か、代理店を利用するメリットがあるかを検討し、コストと効果のバランスを取ることが重要です。

 

まとめ

 

本記事を通じて、Indeedの掲載料金の仕組みや、無料掲載と有料掲載の違い、さらには料金を抑えて利用するポイントについて解説してきました。

 

これらの情報を基に、自社の採用戦略に合わせた最適な求人掲載を行い、効率的な採用活動を実現していきましょう。

 

Indeed(インディード)運用代行サービスはこちら